著者プロフィールと共に、
論文の詳細な概説等を掲載いたします

Latest Post

  • 血管内皮細胞急性炎症応答におけるヒストンH3K9me2およびH3K27me3の脱メチル化の役割を解明

    Jul 13th, 2020

    血管内皮細胞急性炎症応答におけるヒストンH3K9me2およびH3K27me3の脱メチル化の役割を解明

    東島 佳毅・神吉 康晴

  • L-PGDS-derived PGD2 attenuates acute lung injury by enhancing endothelial barrier formation.

    Jul 03th, 2020

    抗癌剤治療により誘導されるIL-8は腫瘍血管内皮細胞のMDR1/ABCB1発現亢進を介して治療成績を低下させる

    菊地 央・間石 奈湖・樋田 京子

  • L-PGDS-derived PGD2 attenuates acute lung injury by enhancing endothelial barrier formation.

    Jul 03th, 2020

    RhoJ integrates attractive and repulsive cues in directional migration of endothelial cells

    福嶋葉子・植村明嘉

  • L-PGDS-derived PGD2 attenuates acute lung injury by enhancing endothelial barrier formation.

    Sep 10th, 2019

    Powerful Homeostatic Control of Oligodendroglial Lineage by PDGFRα in Adult Brain.

    山本誠士

  • L-PGDS-derived PGD2 attenuates acute lung injury by enhancing endothelial barrier formation.

    Jun 7th, 2019

    L-PGDS-derived PGD2 attenuates acute lung injury by enhancing endothelial barrier formation.

    堀上大貴・小林幸司・村田幸久

  • インターロイキン13受容体α2(IL13Rα2)が血管新生を介して悪性黒色腫(メラノーマ)を進展させるメカニズム

    Jun 5th, 2019

    インターロイキン13受容体α2(IL13Rα2)が血管新生を介して悪性黒色腫(メラノーマ)を進展させるメカニズム

    吉松康裕 ・ 渡部徹郎

  • Rap1低分子量Gタンパク質はインテグリン接着を増強することにより造血性内皮細胞の発生を制御する

    Jun 5th, 2019

    Rap1低分子量Gタンパク質はインテグリン接着を増強することにより造血性内皮細胞の発生を制御する

    盧 承湜 ・ 福原 茂朋

  • Peri-arterial specification of vascular mural cells from naive mesenchyme requires Notch signaling.

    Jun 5th, 2019

    Peri-arterial specification of vascular mural cells from naive mesenchyme requires Notch signaling.

    Koji Ando, Other author

  • TAK1は血管内皮細胞を細胞死から守り血管の恒常性を維持する

    Jun 5th, 2019

    TAK1は血管内皮細胞を細胞死から守り血管の恒常性を維持する

    内藤尚道・射場智大・高倉伸幸

  • March 10th, 2019

    血管の恒常性維持および再生に貢献するCD157 陽性血管内皮幹細胞の同定

    若林 卓・内藤尚道・高倉伸幸

もっと見る
プライバシーポリシーCopyright©THE JAPANESE VASCULAR BIOLOGY AND MEDICINE ORGANIZATION.